社員教育を施すタイミング

最初だけでなくその後も

企業が社員教育を施すとき、新卒の学生が入社したときに加えて昇進した人々を対象にして実施します。すなわち、会社に入った時に加えて勤続した後も社員教育の対象に含めるということになります。
これには理由があり、新入社員と既に勤務している労働者に与える教育内容が異なってくるからです。前者においては基礎的なことなどを教えるのに対し、後者ではその時々のレベルに応じた教育を施します。特に後者だと昇進することで業務内容も変化するため、それに応じることができるようにする必要があります。
以上のことより、社員教育に関しては入社した新人のときだけでなく勤めてからも対象に入れていきます。そのため、会社側はその時々に応じた教育を行えるように準備をしておくことが必要不可欠となります。

外部の講師を呼んで担当してもらう

新入社員だけでなく既に在籍している社員に対する教育を施すときには、外部から講師を呼ぶ手段があります。すなわち企業による社員教育の外注化であり、外部の講師に依頼するときには次の点を挙げていきます。
講師が所属している会社が豊富な実績を保有しているかどうかであり、ノウハウに関しても調べます。また、外部の講師を招くことはお金の支払いが発生するためコストに関して考えていく必要性が生じます。このとき、講師による教育内容とコストを比べることも重要であり色々な観点からチェックを行います。
このように、企業が社員教育を外注するときには色々な点でリサーチを実施しておくことが不可欠です。そのため色々な会社を候補に挙げていき、そこから比較を行ったりして決定することが必要となります。

近年の新人研修は外部委託する会社が増えており、マナー研修や宿泊研修を通じて社員の能力アップを行っています。

© Copyright Human Resource Services. All Rights Reserved.