社員教育の重要なポイントと姿勢について

社員教育で重要となるポイント

社員教育で重要となるのは、手間をかけるという点です。
資金や時間や人材などは未来の財産のための投資と考え、丁寧に教育をおこなうことが重要となります。
杜撰な社員教育をおこなってしまうと、新しい人材も同じような社員教育しかできないので、結果的に良い人材が育ちにくい環境となってしまいます。
悪循環に陥らないためにも、質の良い社員教育をおこなっていく必要があります。
特に新卒の社員や新社会人は、まだ仕事に不慣れで新しい環境に戸惑いがちです。
デリケートな状態なので、先輩である既存社員や上司がよく気を配り、人間関係や社内環境が悪くならないよう配慮してあげる必要があります。
甘やかすのではなく会社での仕事や、社会人としての礼儀など、1から丁寧に教えるとうい形で教育をおこなう姿勢が重要です。

教育をする際の姿勢について

教育の現場で一番問題視されるのは、新社員に余計なプレッシャーやストレスを与える行為です。
既存社員や上司の当たり前や知っていて当然という知識は、新社会人がまだ得ていない知識である可能性を、充分に理解して教育に望む必要があります。
知らないことを知らないと素直に言える姿勢は非常に重要です。
これくらい当たり前だろうと頭ごなしに叱ってしまうと、次から知らないことがあっても口に出せなくなってしまいます。
また注意をする際に周囲への配慮も必要です。
お客様や他の社員が多いような目立つ場所で叱ってしまうと、人間関係や社内環境にも悪影響を及ぼしてしまいます。
重要なことを注意するときほど、周囲に配慮して可能な限り人の少ない場所で丁寧に注意するべき点を説明すると効果的です。

© Copyright Human Resource Services. All Rights Reserved.