実践力を身につける社員教育

社員教育は多くの企業でおこなわれており、近年はインターネットを使ったe-larning教育等も多くなっています。スキルアップ教育にも様々ありますが、実践力を身につける為には論議や講座受講も重要ですが、

社員教育を施すタイミング

企業が社員教育を施すとき、新卒の学生が入社したときに加えて昇進した人々を対象にして実施します。すなわち、会社に入った時に加えて勤続した後も社員教育の対象に含めるということになります。これには理由があり

社員教育の重要なポイントと姿勢について

社員教育で重要となるのは、手間をかけるという点です。資金や時間や人材などは未来の財産のための投資と考え、丁寧に教育をおこなうことが重要となります。杜撰な社員教育をおこなってしまうと、新しい人材も同じよ

社員教育計画にそった教育

会社に新入社員が入社したときに、仕事への心得、社会人としての最低限のマナーについて教育するという会社は多くあります。しかしながら、その後、長期間にわたっての教育計画について、構築している会社というのは

社員教育に関して考えていくこと

社員教育は特に新人の場合は、自社で行うことが多いのですが、ある程度ベースができたら、これらの教育は、外部の専門業者に任せるというのも、ひとつの方法です。もちろん外部の業者は様々な教育プランを提供してい

社員教育をすることの難しさ

近年は社員教育として厳しい指導を行えばパワハラ、セクハラだと言われてしまうことが多くなりました。しかしそれを恐れていては社員の成長、そして会社の成長もないのです。

© Copyright Human Resource Services. All Rights Reserved.